二次創作小説「水平線の、その先へ」

当ブログは二次創作小説(原作:水平線まで何マイル?)を掲載しています。最初から読みたい方は1章をクリックしてください。

はじめに

f:id:saratogacv-3:20200906110254j:plain

【初見の方へ】

▽この小説は原作(PCゲーム「水平線まで何マイル?」2008年)を知らなくても問題なく読めます。子細は1章の途中でご案内しますので、ご興味があれば読み進めてください。

▽執筆時に公開を想定していなかった作品です。完走する方はまずいないと思いますが、万が一読む場合は先の長いフライトになります。のんびりおつきあいください。

▽全話(173本)に違うイラストカットがつきました。お楽しみに。

▽高校部活の追体験のように感じていただけたならうれしいです。

f:id:saratogacv-3:20210101124011j:plain

 

【冒頭あらすじ】スカイスポーツが普及した近未来、海に近い地方都市。内浜学園高等部2年の平山空太は、宇宙科学会という目的がよくわからない小部活に所属している。ある日、宇宙科学会は学園中央執行委員会(生徒会)から廃部を通告された。宇宙科学会長の古賀沙夜子は逆転の存続策として、有人純電気飛行機の製作と夏の大会参加を提案する。しかし大会にはグライダーで全国優勝した航空部も参加表明しており、廃部を避けるには学内予選会までに機体を完成させ、航空部に勝つことが条件となった……

 

f:id:saratogacv-3:20210103120913j:plain

 

<前半>

1章 果てない海と 空の青 (9/1)   ← 小説はここから始まります

2章 はばたく鳥に 憧れて (9/29)

3章 ゼロから始まる 挑戦で (10/09)

4章 途切れた絆を 縒り直し (10/20)

5章 僕らは前に 進み出す (11/05)

6章 仲間と試練を 乗り越えて (11/17)

7章 鎖を断ち切る 闘いは(11/27)

8章 きらめく星に 見守られ(12/09)

 

f:id:saratogacv-3:20210101133805j:plain

<後半>

9章 想いは一つの 羽となり(1/1)

10章 大地を離れて 天翔ける(1/22) 

11章 眠りが覚めた 栄光の(1/31) 

12章 機体に希望を 膨らませ(2/10)

13章 重ねた努力に 裏切られ(2/21)

14章 無窮の闇に 囚われて(4/2)

15章 折れた翼が 痛んでも(4/20)

16章 輝く未来の 懸け橋に(5/5)

17章 夢をみんなで 追う路は(5/21) 

エピローグ 水平線の、その先へ(6/18)

あとがき(6/24)

おしまい。

 内浜学園高等部宇宙科学会のみんな、この10年間ありがとう。青い空と海の舞台、原作を作ってくれたスタッフの皆様にも、この場を借りてお礼を申し上げます。それと小説としては本当に拙い本作品を一節でも読んでいただける方がいたとしたら、重ねてですが、多大な感謝を申し上げたいと思います。

f:id:saratogacv-3:20210701223631j:plain

 

 最後に心を込めて。みなさま、ありがとうございました。

 

2021/07/01 サラトガ(CV-3)拝